ムーミンの大きさはどれぐらい?

今回のムーミンクイズはちょっと難問です。ムーミンの大きさって、どれぐらいだと思いますか? 5月4日に放送されたテレビ番組『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)の「埼玉 飯能」の回でムーミンバレーパークが紹介された際には、出演者のユージさんの口から「ムーミンはA4サイズ」という言葉が飛び出し、SNSでは「新しい定義!?」なんて驚きの声が……。まあ大体、電話帳の大きさぐらいかしら」と答えたんだそうです。その場に居合わせた取材陣は「意外に小さいのね」と言い合ったんだとか。 また、別のアニメ誌の取材では、同じ質問に対して「電話帳ぐらい」と答えているのですが、そのときに手で示したサイズが一般的な日本の電話帳よりも大きかった、というエピソードもあります。フィンランドの電話帳のサイズ感も定かではなく、唯一無二の決定的な答えと決めるのはためらわれます。 というのも、原作小説第一作の『小さなトロールと大きな洪水』には、かつてムーミントロールたちは間の家のタイルストーブの後ろに住んでいた、という記述があるのです。でも、そんな大きさの生きものがストーブの裏にいたら……人間に気づかれますよね!? ほかの場面では、ムーミントロールがメガネを持って走る場面があり、ちょうどメガネと同じぐらいのサイズに描かれています(もっとも、そのメガネは人間ではなく、コウノトリのものですが)。 マッチ箱と同程度の大きさです。 また、トーベが自分の姿とともにトロールたちを描いた絵を見ると小脇に抱えられるサイズで、電話帳より少々大きい(または大きめの電話帳)ぐらいなのも事実。 おしゃまさんも言っていましたよね、「ものごとってものは、みんな、とてもあいまいなものよ。まさにそのことが、わたしを安心させるんだけれどもね」(講談社刊/山室静訳より引用)って。 萩原まみ