ムーミン谷の彗星[新版]

赤く長い尾を光らせた彗星が地球にむかってすすんできます。ムーミン谷は大さわぎ!ムーミントロールは彗星をしらべるために、遠い天文台へとでかけますが……。

【[新版]発行に寄せて】
1964年に翻訳出版されてから、55年もの間愛され続けてきた「ムーミン」の物語。大人気のキャラクター「ムーミン」は、この全集が原典となっており、今なおその魅力は増すばかりです。
この度、今の時代により読みやすくするべく、改訂を行いました。
初めての方も、ムーミンのことなら何でもご存じの方も、楽しんでいただける[新版]として、順次刊行して参ります。

【特徴】
・現代的な表現・言い回しに整え、読みやすく
・原書最終版に基づき、より細部にこだわった表現
・フィンランド最新版と共通のカバーデザイン
・四六判ソフトカバーでコレクタブルな仕様
・全巻、初回限定特製ポストカードつき!

文・絵:トーベ・ヤンソン
訳:下村 隆一
出版社:講談社
発売日:2019/3/29
価 格:1,500円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

ご購入はこちら

たのしいムーミン一家[新版]

ムーミントロールたちは、ある春の日、魔物の黒いぼうしをひろいました。ぼうしによって、雲に乗ったり、家がジャングルになったり、ムーミントロールがおかしな姿になったりします。ニョロニョロたちも、大活躍します。

著:トーベ・ヤンソン
訳:山室 静
出版社:講談社
発売日:2019/6/5
価 格:1,500円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

【復刻版】講談社文庫はこちら

ご購入はこちら

ムーミンパパの思い出[新版]

ムーミンパパの記した自叙伝。厳しく育てられたみなし子ホームの暗い時代を抜け出し、個性的な仲間たちとともに、船で大冒険に出ます。自由と冒険を求める、人生の賛歌。あのキャラクターたちのパパやママが登場します。

著:トーベ・ヤンソン
訳:小野寺 百合子
出版社:講談社
発売日:2019/6/27
価 格:1,600円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

ご購入はこちら

ムーミン谷の夏まつり[新版]

ムーミン谷が洪水に見舞われ、流れてきた家に移り住んだムーミン一家。あやしい家は、どうやら劇場というもので、ドタバタと芝居をすることになりますが…!? 一家離散の大騒動や、スナフキンとちびのミイのたのしい一幕も必見です。

著:トーベ・ヤンソン
訳:下村 隆一
出版社:講談社
発売日:2019/8/7
価 格:1,500円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

ご購入はこちら

ムーミン谷の冬[新版]

見えるものだけが、すべてじゃない。
ムーミントロールは、冬眠中に、たった一人で起きてしまいました。まったく知らない世界が広がっていて、しかもだれひとり心を開いてくれないことに落ち込みますが……?
うつくしい冬の情景、トゥーティッキ(おしゃまさん)の含蓄ある言葉、ムーミントロールの心の変化など、名作と評される1冊です。

著:トーベ・ヤンソン
訳:山室 静
出版社:講談社
発売日:2020/02/27
価 格:1,500円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

ご購入はこちら

ムーミン谷の仲間たち[新版]

スナフキンやムーミンパパの、ちょっと意外な一面も。
どこからでも読みやすい、9つの物語からなる短編集。

小さなはい虫とやさしい交流をする、スナフキン。いやなことをいわれつづけて、すがたが見えなくなってしまった女の子、ニンニ。わけもわからず、見たこともない「クリスマス」の準備に追われる、ムーミン一家…。さまざまなキャラクターたちの、ちょっとすてきな物語。
初めて読む方も入りやすい手軽な短編集ながら、作者トーベ・ヤンソンの研ぎ澄まされた絵や文章は圧巻。ぜひお手元において、気が向いた時にお好きな順番で読んでみてください。

著:トーベ・ヤンソン
訳:山室 静
出版社:講談社
発売日:2020/4/23
価 格:1,500円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

ご購入はこちら

ムーミンパパ海へいく[新版]

ムーミンパパは、父親としての尊厳を取り戻すため、小さな島に移住することを決めてしまいます。
きびしい自然を前になすすべなく、家族はそれぞれ自分のことで精一杯になり……。

灯台守になると言い出したムーミンパパは、ムーミントロールとママ、ちびのミイを連れて、とつぜん孤島へ移住します。でも灯台のあかりはつかず、食べものも底をつきはじめます。海岸でひみつの出会いを重ねるムーミントロールの成長や、つかれてしまったムーミンママなど、今までからは想像つかない人物像を垣間見ることができます。ムーミン一家的に危機を乗り越えて、家族の再生へと向かう物語はすばらしく、特に大人の心に沁みるであろう1冊です

著・絵:トーベ・ヤンソン
訳:小野寺 百合子
出版社:講談社
発売日:2020/8/5
価 格:1,500円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

ご購入はこちら

ムーミン谷の十一月[新版]

ムーミン一家に会いたくて――。トーベ・ヤンソンがムーミン全集の最終話として記した、美しい1冊。

冬が間近にせまったある日、スナフキンは音を探しに、ムーミン谷に行こうと思い立ちます。
時を同じくして、しっかり者のミムラ、そうじ好きなフィリフヨンカ、仕切り屋のへムレン、お年寄りのスクルッタおじさん、小さなホムサ・トフトも、それぞれの理由でムーミンやしきをおとずれるのですが、家にはだれもいません。
家主のいない奇妙な共同生活が、始まるのですが……。
トーベ・ヤンソンの巧みなストーリー構成が光る、あたたかい物語です。

著・絵:トーベ・ヤンソン
訳:鈴木 徹郎
出版社:講談社
発売日:2020/10/1
価 格:1,500円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

ご購入はこちら

小さなトロールと大きな洪水[新版]

75年前に出版された、ムーミン最初の1冊。

トーベ・ヤンソンが生み出した、記念すべき第1作目のムーミンの物語です。
ニョロニョロと一緒にいなくなってしまったパパを探しに、ムーミンママはムーミントロールを連れて旅に出ます。短いお話ですが、道中で知り合うキャラクターたちの描写も生き生きとしていて、ムーミンの世界がしっかり構築されていることを感じます。深みのある絵がたくさん入っているのも、魅力です。
75周年のお祝いに1冊、本棚へいかがですか。

著・絵:トーベ・ヤンソン
訳:冨原 眞弓
出版社:講談社
発売日:2020/10/14
価 格:1,300円(税別)

【大人も手軽に楽しめる文庫】講談社文庫はこちら

【新書サイズの児童文庫】青い鳥文庫はこちら

ご購入はこちら