ティーティ=ウー Teety-woo

日本語では“はい虫”と訳されている、クリュープという種族の小さな生き物。彼らは小動物のような、毛むくじゃらの姿をしています。クリュープの中でも特別な存在なのが、短編集『ムーミン谷の仲間たち』収録の「春のしらべ」に登場するティーティ=ウーです。彼は旅の途中のスナフキンに話しかけ、ティーティ=ウーという名前をつけてもらいました。やせっぽちで自分に自信がなく、おどおどした性格でしたが、名前を得たことによって意識が変わり、自分の人生を精いっぱい生き始めるのでした。