フレドリクソン Hodgkins

若き日のムーミンパパの初めての親友、フレドリクソン。スニフの父ロッドユールのおじさんです。彼は発明家で、冒険家。みずから設計から建造まで手がけて完成させた船を、いなくなった兄の詩集の題名から「海のオーケストラ号」と名づけました。若き日のムーミンパパたちはその船に乗り込み、数々の素晴らしい冒険を経験します。王さまの島に上陸した後は、王さま付きの発明家として、海のオーケストラ号を空飛ぶ船に改造することに成功しました。小説『ムーミンパパの思い出』だけに登場するキャラクターです。