スナフキン Snufkin

自由に旅することをこよなく愛するスナフキンは、ムーミントロールの親友。ヨクサルミムラ夫人の息子で、ちびのミイミムラねえさんの異父弟にあたります。
身軽に生きる旅人であるスナフキンの荷物は、リュックサックひとつ。濃い緑色の古ぼけた帽子と着古した服を身にまとい、パイプをくわえ、帽子にはハゲワシの落していった羽根を挿しています。愛用のハーモニカを吹いて、詩と曲を作り、釣りをし、あちこち旅してまわります。
彼はいつも、暖かい季節はムーミン谷の川辺にテントを張って暮らしています。ムーミントロールと過ごす楽しい時間が大好きですが、独りで旅をする孤独な時間も、彼にはとても大切。秋がきて、ムーミン谷の住人たちが冬眠に入る頃、スナフキンは南へと旅立ちます。そして、春になると、またムーミン谷へ戻って来るのです。
ムーミン谷やその近くに住む小さな生きものたちにとって、スナフキンは憧れの存在。スナフキンも初めて出会う人や出来事に、好奇心と暖かい心をもって接しようとします。ふだんはわりと冷静な彼が許せないのは、「〜するべからず」と禁止されたり、束縛されたりすること。小説『ムーミン谷の夏まつり』『ムーミン谷の十一月』には、不必要な看板を見て、怒りを爆発させる場面が出てきます。

Tips:スナフキンの楽器

旅人であり、詩人で作曲家のスナフキン。物を所有することを嫌う彼が、唯一、大切にしているのがハーモニカです。それは、彼のお母さんのおばさんがくれたもので、いい香りのするローズウッドと金でできています。スナフキンといえばギターをかき鳴らして歌う姿を覚えている人もいるかもしれませんが、昭和アニメ『ムーミン』(フジテレビ系)で彼が使っていた楽器はギターでした。ハーモニカを吹いているとセリフを喋ることができないため、ギターに変更したんだそうです。また、絵本『さびしがりやのクニット』では横笛、コミックスではアコーディオンを奏でることもあります。