スノークのおじょうさん Snorkmaiden

ムーミントロールのガールフレンドで、スノーク族の女の子。きれいな前髪と、金のアンクレットがご自慢です。
スノークのおじょうさんと兄のスノークは、ムーミン族とは少し異なる、スノークという種族。スノーク族のいちばんの特徴は、気分によって体の色が変わることです。動揺すると緑色、気分が沈むと灰色、恐怖心が強くなると紫色、ハッピーなときは黄色、恋に落ちるとピンク色に変化するとされています。ただ、その設定は小説のみで、コミックスやアニメ作品では採用されませんでした。
ムーミントロールとはとても仲良しですが、気まぐれなところがあり、わがままを言って彼を振りまわしてしまうことも。また、おしゃれが大好きで、少し浮ついた一面もあります。でも、心優しく、いざというときにはとても臨機応変な対応ができる、賢くて勇気のある女の子です。
小説『ムーミン谷の彗星』で、兄のスノークと共にムーミン谷にやってきます。コミックスでは兄と離れ、ひとりでムーミンやしきに滞在。コミックスだと小説よりも惚れっぽくて、ムーミントロール以外の男の子に熱を上げることもしばしばです。

Tips:スノークのおじょうさんの名前

スノークのおじょうさんは、日本のアニメ作品では、ノンノン、フローレンという名前で呼ばれていたこともあります。実はムーミンシリーズのキャラクターの多くは、固有の名前を持たず、種族名か、種族名+属性で呼ばれているのです。スノークのおじょうさんとは、「スノーク族の女の子」という意味の呼び名。英語名はSnorkmaiden、日本語版のコミックスでは「スノークの女の子」と訳されています。