ムーミン谷 Moominvalley

ムーミン谷は、ムーミンたちが暮らす、のどかで平和な場所。その谷でひときわ目を引くのがムーミンやしきです。ムーミンやしきの近くには小川や池もあり、緑豊かな素晴らしい場所です。
ムーミン谷を流れる川は、おさびし山と呼ばれる山のふもとから、西のほうに続いています。ムーミンやしきからは、海に抜ける道が続いており、海岸にはムーミンパパが作った水あび小屋があります。海を愛するムーミン一家は、海辺でのんびり過ごすのが大好き。ときにはムーミン谷を遠く離れる冒険にも出かけますが、またムーミン谷に無事戻ってこられることを信じて、旅に出るのです。ムーミン谷は、世界中のどこよりも素敵な場所だからです。
春が来ると、ムーミンママの自慢の庭はもちろん、谷じゅうで花が満開になります。夏の間、ムーミントロールはこの谷で、友だちといろいろな楽しい冒険をして過ごします。ムーミンたちは、秋になると冬眠の準備を開始。そして、ムーミン谷が雪で覆いつくされる前に、深い眠りにつくのです。
小説『たのしいムーミン一家』『 ムーミン谷の冬 』『ムーミン谷の十一月』に載っている地図から、それぞれの季節のムーミン谷を知ることができます。

Tips:ムーミン谷の場所

ムーミンやしきは、ムーミン谷のまん中にあります。それはもともとムーミン谷にあったのではなく、ムーミンパパが家族のために建てた家が大洪水で流され、たどり着いた先がムーミン谷と呼ばれるようになりました。ムーミン谷がどこにあるのか、議論になることがありますが、作者のトーベは「ムーミン谷に住んでみたい。そう思った瞬間、あなたはもうムーミン谷の住人なのです」という言葉を残しています。