「メッツァビレッジ」テナント発表第1弾!フィンランド発3ブランドが発表に

マーケット(イメージ)

埼玉県飯能市に2018年11月から順次開業する「メッツア」に翌春「ムーミンバレーパーク」がオープンするのは、みなさんもご存知ですよね。

その「メッツア」にこの秋オープンするエリア「メッツァビレッジ」(2018年11月開業、入場料無料)は、北欧のライスフスタイルを体感できる施設。そのマーケット(仮称)に、日本初出店する3ブランドが発表になりました!

フィンランドの雑貨を多数展開するセレクトショップ「TRE(トレ)」、100年以上の長い歴史をもつフィンランド生まれのチョコレートを堪能できる「Chocolat Finland(ショコラフィンランド)」、フィンランドの森のスーパーベリーをスムージーにして楽しめる「biokia(ビオキア)」、日本初出店3ブランドをご紹介します♪

<TRE(トレ)>

2016年8月にフィンランドでオープンした「TRE」は、ヘルシンキの中心でもある中央駅近くの好立地に位置しています。雑貨をはじめ、家具、ファッション、コスメなどを幅広く展開するライフスタイルショップで、フィンランドの最新デザインが楽しめます。フィンランドは森や湖など自然がとても豊かで、冬の寒さや白夜、極夜など自然環境はとても厳しい中でも日々の暮らしを豊かに楽しむためにフィンランドデザインは生まれました。

取り扱う商品も、長く使い続けられること、自然からのインスピレーション、機能性などが重視されています。


<Chocolat Finland(ショコラフィンランド)>

フィンランドのチョコレートの歴史は長く、フィンランドが100年前に独立する前まで遡ります。フィンランドのショコラティエの評判は常に高く、「chocolat Finland」として世界初出店となるメッツァビレッジの店舗では、複数の人気ブランドによるチョコレートをお召し上がりいただけます。

●goodio(グーディオ)

~業界と食品消費に革命を起こすために生まれたチョコレートブランド~

「近い将来、食べ物が病気を引きおこすものではなく、健康を促すものになるように食品業界と消費の構造を根本から変えたい」という創業者の想いによって形作られたチョコレート。「IT’S ALL GOOD」というブランドゴールへ向けて、「Bean to Bar」「オーガニック」「ローチョコレート」「低GI」をキーワードに全く新しいチョコレートが作り出されます。

●DAMMENBERG(ダンメンベルグ)

~フィンランドはタンペレ発人気ブランド~

カカオを厳選し、素材にこだわり、手作りで作られる上品な味わいとフィンランドベリーの素材の力を引き出したハーモニーチョコレート。ラズベリーやブルーベリー、ストロベリーをたっぷりトッピングしたベリーの甘酸っぱさとチョコの甘さの絶妙なバランスが人気。アレルギーフリーのチョコレートの商品も特徴的です。

●kultasuklaa(クルタスクラー)

~フィンランドの黄金のチョコレート~

チョコレート愛好家にも大人気のハンドメイドチョコレートファクトリー。上質な口どけとアフターテイストで頬がおちるような美味しさ。クッキーをチョコレートでコーティングしたものや、クリームを挟み込んだポップなタイプのチョコレートバーなどもあり、クリスマスシーズンに販売するサンタクロース公認チョコレートも大人気です。

●MERCEDES CHOCOLATERIE(メルセデスショコラトリー)

~「北欧で一番美味しい」と言われるチョコレート~

フィンランドとスウェーデンの間に位置する自然あふれるオーランド諸島は、北欧で最も高級な農産物が採れる島。オーランド諸島のミルク、バター、ハチミツ、そしてベリーを使用するチョコレートは、「船に乗ってでも買いに行く価値のあるチョコレート」として話題。2017 年にはインターナショナルチョコレートアワードを受賞しました。


<biokia(ビオキア)>

フィンランドを含む北欧では、「健康にいいフルーツ」として、ビルベリーやリンゴンベリー、クランベリーといった“スーパーベリー”が注目を集めています。「biokia」は、北欧にて無農薬で育てられたナチュラルなベリーを、手作業で丁寧に収穫し、人と自然環境に優しい製品づくりを行っています。北欧のベリーは、夏の白夜により、夜間にも降り注ぐ紫外線を受けて、森のベリー類は他の地域で育った品種よりも極めて高い栄養価を持つようになるのが特徴です。「biokia」の世界初出店となるメッツァビレッジでは、このベリーを使用したスムージーを提供し、本場北欧のベリー文化をお届けします。

なお、スムージーの開発は、スムージーのスペシャリストとして多岐にわたって活動しており、スムージー専門店DRINK DRANK代表である平野奈津氏が監修します。