2018年11月9日に「メッツァビレッジ」が開業日決定!

北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」のオープンが2018年11月9日に決定し、各施設の名称とともに発表になりました♪

「メッツァビレッジ」が開業される「メッツァ」は、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(2018年11月9日開業、無料)と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」(2019年3月開業、有料)の 2 つのエリアから構成されます。

「メッツァビレッジ」とは、日常的に遊びに行くことのできる自然豊かな公園機能を維持し、自然を身近に感じられる空間で、北欧のライフスタイルや空気感を感じられるようにデザインされています。北欧ブランド雑貨や新鮮な地元野菜、工芸品などのショッピングを楽しめるマーケットや、北欧風の飲食を堪能できるレストラン、ものづくりやアートを通じた「学びの場」となるワークショップ、湖面の散歩を満喫できるレンタルボート、季節イベントや様々なブランド・地域によるイベントなど、ご家族や友人同士でできる多彩な体験が待っているとのこと。
居心地が良くてのんびりと過ごせる、北欧に流れているような時間を満喫する場所になりそうですね♪

① Market Hall(マーケットホール)

良質でユニークな時間を過ごせる2階建ての施設です。1階はカフェや食品フロアとなり、様々な地域商材により「活気ある日常」が体感できます。2階は北欧ブランドを展開する複数のテナントが揃い、まるで北欧を旅しているかのような時間を過ごしながらショッピングができます。

② Viking Hall(ヴァイキングホール)

海を渡り交易をしてきた北欧の海賊ヴァイキングから由来しており、活気あふれるマーケットがコンセプトで、約10店舗の飲食店が並ぶ2階建ての施設です。湖側にテラスがあり、テイクアウトしたカフェメニュー等を楽しみながら、森と湖を臨む開放的な空間で心地いい時間を過ごすことができます。

③ P apartment(ピー アパートメント)

(「ピー」は、Pieni(「小さい」のフィンランド語)、Product、Peopleの頭文字)
湖畔に建つ小さな店舗の中には作り手(People)の想いが詰まったグッズ(Product)がぎっしり。訪れる人それぞれがお気に入りの一品に出会うことができる場所です。

④ Nordic Square(ノルディック スクエア)

季節毎のイベントや地域と連携したイベントなどが開催され、人々が集い、交流が生まれるパブリックスペースです。

⑤ Metsä Hall(メッツァホール)

様々なブランドによる期間限定イベントや流行のポップアップストアが開催され、地域のイベントでも活用されます。また、貸し切りのパーティーや音楽やダンスの発表会など、様々なイベントで活用していただけます。

⑥ Laituri(ライトゥリ) 

(「桟橋」のフィンランド語)
自身で製作したカヌーやレンタルボートで、豊かな自然に囲まれた湖面の散歩を楽しめます。

⑦ Craft Bibliotek(クラフト ビブリオテック)

 (ビブリオテックは「ライブラリ」のスウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語)
北欧では、年齢に関係なく生涯に渡って様々なことを学び続ける生涯学習が盛んです。学びや知の象徴でもある「ライブラリ」とものづくりの「クラフト」をかけあわせて、ワークショップ・ラーニング施設を「クラフト ビブリオテック」と 名づけ、ものづくりやアートを通して「学びの場」を提供します。

⑧ Sågverk(ソグベルク)

 (「木工場」のスウェーデン語)
木の匠の指導のもと、カヌーや家具などの大きなものから身近な小物まで、丁寧にものを作る体験ができます。木の自然なぬくもりを感じながら、つくる喜びはもちろん、自分自身とゆっくり向き合える時間も楽しんでいただけます。

メッツァ公式サイトはこちら