TVアニメ「ムーミン谷のなかまたち」シーズン2 第10話のダイジェスト!

NHK BS4Kで放送中のTVアニメ「ムーミン谷のなかまたち」
3/12放送の第10話は「ムーミンパパの島」

【あらすじ】
ムーミン一家は、ムーミンパパがずっと憧れていた灯台がある島に到着。島での生活を切り開こうと張り切るパパだったが、うまくいかないことが多くてムーミンママは内心ハラハラしていた。特に灯台の明かりのつけ方が分からないという灯台守としては致命的な難題にぶち当たり、パパはすっかり打ちのめされてしまう。

前回のお話で、冒険号でムーミン谷を旅立ったムーミン一家。船旅が始まり、夜になり、灯台を見つけたと言うムーミンパパ。

しかしそれは船に乗った漁師らしき男で、その漁師は島には行かずに引き返すことを勧めます。

そうこうしているうちに、島へと漂着したムーミン一家。
霧が立ち込めていて灯台も見つからず、なんだか前途多難な様子です。

翌朝、早速灯台を見つけ、ここに住むことにしたムーミン一家。
中は過去には誰かが暮らしていた様子ですが、埃だらけで散らかった様子。
ムーミンママはムーミンママらしく、お部屋をきれいに片づけ始めます。

それぞれに役割分担をして、ムーミンパパ、ムーミンとリトルミイたちは木からベッドや桟橋を作ることに。

みんなの努力の甲斐があって、灯台は素敵なお部屋に変身。それを見て満足気なムーミンたち。
素敵な生活の始まりになるはずが、気分は灯台守になったはずなのに、ムーミンパパは灯台の灯をつけることが出来ず、不機嫌になり寝てしまい、せっかく作ったベッドもなんとあっという間に壊れてしまいました。

リトルミイはあの夜出会った漁師のことが気になっていたようで、漁師を見つけ、何度か訪ねるうちに家に入ることに成功します。

灯台に以前住んでいた灯台守のことを尋ねますが、漁師は動揺して答えてくれませんでした。

何度試しても灯台に灯をつけることが出来ないムーミンパパ。

やがて食料がなくなり、家族のためを思い、庭で野菜を作り始めたムーミンママにも苛立ちを見せ、いつも穏やかでムーミンパパを支えてきたムーミンママとさえ不穏な雰囲気に。

灯台に戻って、ムーミンパパはやはりここで暮らすのは無理だと、ムーミン谷に戻ることを決意します。
ムーミンママもホッとした様子。

荷物をまとめて灯台を後にしたムーミン一家ですが・・・
なんと嵐で冒険号が流されてしまって、ムーミン谷に帰ることが出来なくなってしまいました。
呆然とするムーミンママとムーミンパパ。

そんな両親を見て、ムーミンは、海の仕組みを研究するのがパパの島での役目だと思うとパパを励まします。
そこに、漁師から手に入れた釣り竿を持ったリトルミイが現れ、その釣り竿のおかげで大きな魚を釣り上げたパパは、島にとどまることを決めたのでした。

お話は次回に続きます。

 

【放送予定】
NHK BS4K 1月9日より放送開始
(木)午後 7:30~ <本放送>
(水)午後 0:20〜 <再放送>
(木)午前 9:30~ <再放送>
(日)午前10:45~ <再放送>
公式サイトはこちらから