MOOMIN×WASARAコラボレーションラインとムーミンのおしり

wasara3

 

本格的に秋も深まり、そろそろストーブに火を入れた寒がり屋さんも多いのではないのでしょうか。こんにちは判子番です。畑の野菜や森のきのこもますます美味しさを深める食欲の秋まっさかり。皆様お住まいの場所には紅葉前線はもうたどり着いたでしょうか。野山が赤や黄色に染まる美しい季節の収穫は、やっぱり最大限に素材の美しさを引き出す器に盛りつけて目でも楽しみたいもの。
レアック・ジャパンからはそんなシーンにぴったりの、WASARAとムーミンの素敵なコラボレートが登場。
wasara1.jpg
シンプルかつ流麗な食材を引き立たせる洗練されたフォルム。型押しだけのムーミンたちがさりげなくあしらわれているのもエレガント。森へのピクニックのお弁当のとき、上から色づいた落ち葉が落ちてきたりしたらとっても映えそうな白一色。日本人に受け継がれてきた美意識が原点であるWASARAのコンセプトと、ムーミンの世界とのコラボレートは、意外なようでも実は相性ばつぐん。加えて自然と共生してきた日本の伝統を大切にするWASARAの紙の器は非木材のパルプが原料。森林資源の有効活用を実現するとともに、使い終わったあとも自然に生分解されて土に還る素材なので環境に優しいのです。秋の恵みを与えてくれる自然に、ほんの少しの気遣いをお返しできる紙食器は、フィンランドの無人島で自然と向き合って暮らしていたトーベ・ヤンソンの生誕100年を目前にして出るのにぴったりですね。ムーミンとスノークのおじょうさん、フィリフヨンカの子どもが型押しされている角皿は、中サイズが150×150×高さ26mmで6枚入1,029円(税込)、大サイズが204×204×高さ36mmで4枚入1,029円(税込)。リトルミイの500ml容量のボウルは直径129×高さ65mmで4個入1,029円(税込)。おなじくミイの355ml容量のタンブラーは直径99×高さ85mmで4個入1,029円(税込)。
wasara2.jpg パッケージもスマート!

さて、セキグチからはふわふわもこもこのかわいいふんわりお座りぬいぐるみが発売中です。
nuigurumi1.jpg
金のアンクレットがかわいいフローレンSサイズは高さ190mmで1,890円(税込)、ハンドバッグを持ったエプロン姿がおなじみムーミンママSサイズは高さ210mmで2,205円(税込)、ステッキを手にしたムーミンパパSサイズは高さ230mm、2,205円(税込)、3人そろってお座りしてる姿に癒されまくりです。
みなさんはもちろんご存知と思いますが、フローレンとはスノークのおじょうさんと同一人物ですわん。
あれれ?ムーミンは?タイトルロールがラインにいないなんて!とお思いでしょうが、そのかわりムーミンのおしりをモチーフにしたまんまるガマグチポーチが登場!
nuigurumi2.jpg しっぽもついててふわふわ、ムーミンがもし目の前にいたとしたら、思う存分もふもふしたい、とくにあのしっぽを。という長年の夢がかなう時がついに来たのです!光らなくっても真っ白なムーミンのしっぽは最高ですよね!持ち手のチェーンもついたガマグチポーチは高さ105×幅110×マチ75mm、お値段は1,890円(税込)。

そして今週水曜、11月6日からグランデュオ立川1階イベントスペースにて期間限定ショップが開始してます。
tachikawa02.JPG
今回ご紹介したWASARAの紙食器をはじめ、スタイリッシュな有田焼絵皿やアラビアのウィンターマグなど、器もの新商品が所狭しと並べられてます。

tachikawa01.JPG 入り口ではスナフキンのボードがお出迎え。ペパーミントグリーンの地に描かれたMOOMINロゴを見るとテンションあがりますね!アラビアのウィンターマグをゲットして暖かい飲み物でほっと一息入れたい。癒されますねぇ。寒い冬を乗り切る準備に期間限定ショップへ急ぎますよ!

最後に、ムーミンの記事が載っている現在発売中の雑誌2冊のお知らせ。まずハースト婦人画報社発行ELLE DECOR12月号のトレンドウォッチにて、ノルディックスタイルのひとつとして山加商店のボブファンデーションデザインのテーブルウェアが紹介されています。
book4.jpg
ヘミングスのテンテの広告も掲載されてますが、こちらもムーミンコラボがずらっと並んだ写真が使われていて壮観ですよ、本屋で見かけたら是非探してみてください。

book3.jpg
もうひとつは誠文堂新光社発行のイラストノートNo.28、絵本のクリエイター特集にて、トーヴェ・ヤンソンとムーミンが8ページにわたってフィーチャーされてます。↑の写真がその記事の一部ですが、カラーイラストはもちろん線画の美しさの分析や鈴木マサルさんのインタビューも掲載されていて読み応えありです。
本屋さんで積まれている雑誌を発見したら、是非お手に取って見てみてね。

それではまた来週まで、さようなら。