ムーミンを知ろう

ムーミンの歴史

ムーミンの生い立ちをご紹介します。ムーミンの誕生と歴史を知りたいときはこちらをご覧下さい。

☆その他の情報はこちら☆
・作者トーベ・ヤンソン
・キャラクター紹介
・ムーミンの本
・アニメーション
・ムーミン知識箱

その1その2その3|その4

ムーミン童話シリーズの終了

イギリスの新聞「イブニング・ニューズ」でムーミントロールのコミックス連載が続く一方、小説はトーベによって書き続けられました。
コミックスの連載開始の年、1954年には、シリーズ第5作『ムーミン谷の夏まつり』を出版。
その後も執筆活動は続けられ、最終刊『ムーミン谷の十一月』(1970年)でシリーズは終了しました。

その1年前に当たる1969年には日本でアニメーション化され、テレビ放映されました。
またポーランドでも1978年から82年にかけて、パペット・アニメーションとなって放映されました。(2011年から13年にかけて日本でも、NHK BSプレミアムによって、俳優2人による吹替え版が放送されました。)
1990年には再び日本でアニメ化され、前回よりもより原作に忠実に制作されました。
このリメイク版は、生まれ故郷のフィンランドを含め約100カ国で放映され、再びムーミンブームがまきおこりました。

1987年にはタンペレにムーミン博物館「ムーミン谷」がオープンし、ムーミン屋敷や原画なども展示されています。また、1992年にはナーンタリにテーマパーク「ムーミン・ワールド」がオープンしました。夏の間、約2ヶ月のオープン期間は家族連れや世界中のムーミンファンで賑わっています。
晩年のトーベは「もうムーミンの物語はおしまい」と宣言し、ムーミンの物語を書くことはありませんでした。
しかし、彼女が残した数多くの物語やコミックス、絵本は、これからも世界中の人々に永遠に愛され続けることでしょう。